Laravelをちょっとだけ使えるようになるためにやったこと

最近、仕事でとある情報を保存して出力するみたいな仕事があったので、
おーこれはこれは、まあまあまあ、あはは、やばいな、セキュリティーとかどうすればいいんやろ!
とか思う。事案が発生したので、

ここはいっちょやった事ないフレームワークで作るかー!思ったものの途方に暮れたので、
今人気ナンバーワンのPHPフレームワーク『Laravel』を採用して作って見ました!

とは言え、laravel使うって決まったけど、
どうやって作るんやろー
何から勉強したらいいんやろーと思って、
とりあえず、簡単なものを作りながら覚えて見ました。

使った教材は3つ

この3つの教材でとりあえずの全体像が掴めたのと、普通に仕事の内容は網羅してました。

1、はじめてのLaravel 5.6入門

これ kindle unlimited
2、PHPフレームワークLaravel5.5 ソーシャルログイン&管理画面

これ kindle unlimited
3、PHPフレームワーク Laravel入門

どんな心持ちでやったか

1、はじめてのLaravel 5.6入門

よっしゃーとりあえず作るかーという事で、上記の教材を3回やって、ログイン機能付きで何かを登録できる掲示板みたいなものを作りました。
1回で終わりじゃないっす。3回やりました。最初の一週間をまじわかんねー、なんじゃこのエラーと思いながらエラー潰しをしながら、作りました。
2回目は1回目と変数やモデル名を変えて見て、2日で作りました。
次に3回目はなんか自分の好きなもの作るかーと思って、受験時/留学時にやっていた単語帳を引っ張り出して、
単語を勉強するシートを一覧で表示できるものを作りました。

これで、英語勉強が捗るわーと思いながら、おー!じゃあシートをcsvとかPDFでダウンロードできるようにしようと思って、
どんどん拡張していきました。
この辺で、あーこういう使い方すんのね。
ここのディレクトリにはこーいう系が入ってんのね。と直感的に使えるようになってきました。

2、PHPフレームワークLaravel5.5 ソーシャルログイン&管理画面

この参考書はとりあえずソーシャルログインとadmin-panel(爆速管理画面作成)を勉強する系で見ました。
パラみで2周くらいは見たかな?って感じです。
合計2時間くらいです。
ここの内容はめんどくさいのと今回の案件に必要ない機能だったので、作りながら学ぶみたいなことは省いて見ます。

だいたいわかるようになってきたので、イキって、飛ばしてますね。

3、PHPフレームワーク Laravel入門

この参考書は作りながら覚えるというより辞書のように作ってます。

ある程度のことはわかってますけど、
細かい部分が全くわかりません。
→イキっている状態なので、スーパーサイヤ人でもないのにフリーザに勝てんじゃね?とか思っている状態です。
こういう状態の時はイキっているくせに案件が炎上した瞬間死にます。
結局できません。もう無理です。とか言って、先輩に泣きつくクソエンジニアになってしまうので、というか僕にはがっつりLaravelわかる上司いないので、普通に死にます。普通に訴えられて、個人事業主の弱さを突かれて、普通に裁判+借金みたいな状態になります。

普通にばあちゃんなきます。

なので、ここで細かい部分を詰めていきます。
へー
へー
へー
とか言って、ここではこのファイルの機能はこういうことなのかー
とかこれの意味ってこういうことなのかー
みたいな感じで使って見ました。
これも3周くらい読みました。
1日50Pくらいは見るぞーとか言って、見てました。

結果どうなったか

お客さんが作りたいシステムを普通に作れました。
この案件は自分が知らないフレームワークLaravelを使ったので、
学習コストがかかったものの無事納品させて頂きました。

あとはテストして、
お客さんのサーバーにあげて納品完了っす!

こんな感じで新しい知識を覚えていけば、なんでもできるんやろなーとか思いながら、
kindle unlimitedをうまく使って、3000円くらいの教材費で新しい知識ゲットだぜって感じです。

次はRailsでおんなじことやって見ますー。
なにつくろっかなー

バイ