【Laravel】The requested URL /~ was not found on this server.の404エラーが出た時のTips

  1. Laravelをインストールした際に

『 / 』(ルート)のページ以外全てが、404エラーになってしまった時に解決までの考え方と手順。

Laravelで404エラーになってしまう。
この場合に考えられる問題は以下の二つです。

  1. ルーティングがうまくいっていない。
  2. アパッチ関連がおかしい。

 

1.ルーティングがうまくいっていない。

Laravelが入っているディレクトリにcdコマンドでいく。

ルーティングの一覧がでれば、成功です。

→この時点で一覧がうまく出れば、ルーティングは問題ありません。

2.アパッチ関連がおかしい。

次にapatch関連を見ていきましょう。

apatchがapatchの設定ファイルがあるところまで移動します。(今回はapatch2を使用しています。)

(viコマンドで上書きする前にバックアップを取っておきましょう。)

ディレクトリのパスがおかしくなっていたので、修正。

→解決。

まとめ The requested URL /~ was not found on this server.の404エラー

Laravelで404エラーが出た際はroute/web.php または アパッチ関連の設定がおかしいという原因が多いので、その辺りを確認するようにしてみてください。