composer require でパッケージを後から追加した時の備忘録と使い方

Laravelなどでチーム開発をしていて、composerのパッケージを後から追加することはよくあります。

composer.jsonに追記をして、composer updateでパッケージを順に更新することができますが、

全てのパッケージの更新が入ってしまって、時間がかかってしまうケースなどがよくあります。

composer require をするとcomposer側で追加したいパッケージのみを入れてくれます。

その時の備忘録です。

パッケージ(モジュール)の追加方法

パッケージ(モジュール)を開発途中で追加したい。

コマンドでやる場合は

composer require {パッケージ}で行うことができます。

例えば、今回はIntervention画像モジュールを入れてみましょう。

 

この場合はintervention/imageのパッケージを入れて、composer.jsonにも追記をしてくれます。

パッケージの一覧は下記にあります。

Packagist

バージョン指定してパッケージを後追いで追加したい

依存関係の兼ね合いで、古いバージョンのパッケージを入れる際には、バージョンを指定して、パッケージを指定することもできます。

composer require {パッケージ名}:{バージョン番号で行います

 

参考:https://qiita.com/shinkuFencer/items/8e109d45861ee56df42a